Keychron K2 買ってみた

会社用に買いました。オプションは RGB アルミフレームの赤軸。 赤軸は Gateron のようです。キーボードはやっぱりリニアにかぎるね。 公式サイトはここです。 キーボード 79 USD + 送料 20 USD でした。 買ってみた理由は Mac のキー配列にできること。 (交換できる) Realforce for Mac はテンキーレスじゃないし、 HHKB は矢印キーがなくて常用しづらいし。 コンパクトで Keyboard on Keyboard によさそうなのと、 USB Type-C ワイヤードでも Bluetooth ワイヤレスでもつかえるところもよき。 光るし、スイッチさえ気に入れば非の打ち所がない感じです。 注文して 1 週間ほどで、中国深セン市から DHL で届きました。 関税も地方消費税もかかんなかった。 届いた時点でキーキャップもスイッチも Mac 仕様になっていました。 このリンクから買うと、 10% OFF になるみたいなので、気になる方は是非。 ちなみに KoK するのにはこれをつかっています。 バード電子 キーボードブリッジ ただの高い板ですね。でも便利。

Anker Soundcore Liberty Neo を Comply TrueGrip TG-200 でアップグレードした

ふだん外で音楽をきくときは Anker Soundcore Liberty Neo をつかってて、 とくに音質とかはぜんぜん不満もないというか、 低音のかんじが K-POP 聴くのにちょうどよくてめっちゃ気にいっています。 (前は SoundPEATS TrueFree+ をつかっていたけど、こっちのほうが全然いい。) さいきん交際相手もトゥルーワイヤレスな Bluetooth イヤホンがほしいということで そんなに高くなくて小さめの SoundPEATS TrueMini を買ったんだけど、 耳が小さいせいでイヤーピースをいちばん小さくしてもなんだかぐらぐらしてた。 さすがに落としたりするのが怖いし、どうにかならないかなーと思ったので、 とりあえず自分用にまえまえから気になっていたイヤーピースを買ってためしてみた。 よかったら交際相手にも買ってあげるつもりで。 買ったのは、 Comply TrueGrip TG-200 です。 結論としては、めっちゃよかったイヤホンがさらにめっちゃよくなった。 やったね。 つける前のイメージというか、レビューをみた感じだと音がこもりそうだなって思ったけど、 ぜんぜんそんなことはなくて、ぜんたいてきに解像度は気にならず、 遮音性のせいか音に厚みがでた。聴いていてたのしい感じ。 特にバウンシーな曲調にめちゃくちゃマッチする。 頭をふってもぜんぜん落ちる気配がないぐらいフィットするし。 耐久性は気になるけど、こればっかりはしばらくつかわないとわからないかな。 あと、 M サイズでも意外とでかいので、交際相手に買ってあげるなら S サイズかも。 まあ、自分の耳はそこまで信用していないので、ベンチマークにはならないかもだけど、 気になっている人は参考にしてくださいね。

めがね なおった

父に買ってもらっためがねを 3 ヶ月ぐらいまえに壊してしまって、 (たしか寝落ちして下じきにした。) 修理に出していたんだけど、 2 ヶ月半ぶりにもどってきた。 おそいね。 EFFECTOR というブランドの pull というモデルの黒いやつです。 サーモントとかブローとかいうタイプのやつ。 15 周年モデルらしいけど、公式サイトにないのです。 なんでだろうね。 かっこいいから気にいっているので、うれしいね。

SoftBank やめた

iPhone 3G のころから SoftBank をつかっていたけど、 なんでこんなに料金がたかくなっているのかわかんなくて、 プラン見なおしとかいろいろめんどくさかったから、いったん docomo に避難した。 ちょうどいい MVNO とかあったら教えてください。

交換日記 はじめた

GitHub の Private Repository で交際相手と交換日記をはじめた。 Markdown なら Web からも書けるから、てがるですね。

Ubuntu に WireGuard VPN サーバー 構築した

Ubuntu に WireGuard で VPN サーバーをたててみます。 OpenVPN とかよりパフォーマンスがよさそうなので。 WireGuard は apt ではいるけど、 18.04 だとリポジトリを追加する必要があるみたい。 (20.04 とかならいらないっぽい。) $ sudo add-apt-repository ppa:wireguard/wireguard $ sudo apt update $ sudo apt install wireguard これでインストールはおわり。設定をしていく。 まずはサーバー。 $ wg genkey | sudo tee server.key | wg pubkey > server.pub これで秘密鍵と公開鍵がいっきにつくれます。 wg genkey も wg pubkey も標準出力されるから、 べつにファイルにしておかなくてもいいんだけど、念のためファイルにとっといた。 そしていちおう秘密鍵はパーミッションをおとしておく。 $ sudo chmod 600 server.key $ cat server.key ENW7kA3J8+oT0rcBYUihqsMTPHc2DDLq7ihVcOFvlFE= $ cat server.pub Zu4yboEsvujtgtbFQFQCqk4kfMVUzqjrjG5+wUrQ3CM= いちおう鍵はこんなかんじになっている。これは設定ファイルでつかいます。
Read more

姪がうまれた

おじさんになった。 妹に おめでとう と LINE をおくったら写真をくれた。 赤ちゃんはかわいいね。

Python 3 エンジニア認定基礎試験 うかった

うけてきた。うかった。 感想としては、つまんなかった…。 あんまり合格の達成感もない。 だって、まちがった問題がどんなのだったか確認できないし。 役にたつのかな…。 たぶんたたないかも。 勉強にかけた時間は、たぶん 20 時間いかないぐらい。 ぼくはエンジニアじゃないので、プログラミングほぼ未経験です。 とりあえず、これからうける人のために、 やった勉強方法を書きのこしておく。 まず Progate の Python のやつを 2 周。 5 時間ぐらい。 雰囲気をつかむのにはよかった。 いちおう 独学プログラマー という本もかるく読んだ。 3 時間ぐらい。 これはべつに読まなくてもよかった。 出題範囲は Python チュートリアル 第3版 からなので、読んだ。 3 時間ぐらい。 これは Web で読めるやつなので、買わなくてもいいけど、 翻訳はじゃっかん本のほうがよかった。 ここからは模擬試験をやる。 DIVE INTO EXAM というサイトでうけられる。 5 回やった。 1 回 20 分ぐらいなので、見なおしをいれて合計 2 時間ぐらい。 本番は 1.5 倍ぐらいむずかしかったので、 これで満点がとれないと話にならないかも。 地味にありがたかったのが、 Python3エンジニア認定基礎試験問題集 という本。 Kindle 版しかないけど、 Unlimited で読める。 3 時間ぐらいやった。 フォントとか版組とかがガタガタなので いっけんしょぼそうに見えるんだけど、 解説が簡潔にまとまっていて、復習にとてもよかった。 ジョ-ジ.クロキさんありがとう。 さいごのほうに模擬試験があるんだけど、
Read more

WJSN こなくなった

【WJSN】「2020 WJSN CONCERT “OBLIVIATE” IN JAPAN」公演中止のお知らせ 2020年7月に振替公演を予定しておりました「2020 WJSN CONCERT “OBLIVIATE” IN JAPAN」に関しまして、新型コロナウイルスの感染拡大の収束の見込みが立たない情勢を鑑み、ご来場いただくお客様、アーティスト/スタッフの健康と安全を最優先に考え、誠に残念ではございますが全公演の開催を中止とさせていただくことを決定いたしました。 ペンライトも用意して待ってたのに、とてもかなしいです…。

楽天モバイル けいやくした

楽天モバイル けいやくした。 1 年タダだし、Rakuten Mini が 1 円だったし。 ぼくの電話番号は 07083343130 です。 いたずらはしないでね。 よろしくな!