ubuntu

Ubuntu に WireGuard VPN サーバー 構築した

Ubuntu に WireGuard で VPN サーバーをたててみます。 OpenVPN とかよりパフォーマンスがよさそうなので。 WireGuard は apt ではいるけど、 18.04 だとリポジトリを追加する必要があるみたい。 (20.04 とかならいらないっぽい。) $ sudo add-apt-repository ppa:wireguard/wireguard $ sudo apt update $ sudo apt install wireguard これでインストールはおわり。設定をしていく。 まずはサーバー。 $ wg genkey | sudo tee server.key | wg pubkey > server.pub これで秘密鍵と公開鍵がいっきにつくれます。 wg genkey も wg pubkey も標準出力されるから、 べつにファイルにしておかなくてもいいんだけど、念のためファイルにとっといた。 そしていちおう秘密鍵はパーミッションをおとしておく。 $ sudo chmod 600 server.key $ cat server.key ENW7kA3J8+oT0rcBYUihqsMTPHc2DDLq7ihVcOFvlFE= $ cat server.pub Zu4yboEsvujtgtbFQFQCqk4kfMVUzqjrjG5+wUrQ3CM= いちおう鍵はこんなかんじになっている。これは設定ファイルでつかいます。 つぎはクライアント。こんかいは Mac から接続する。 まずは Homebrew で WireGuard をインストールする。
Read more